精油の主な芳香成分について

 

 

日本ては古来より建築にも用いられ、そのどこか懐かしく、神々しい香りが特徴です。
その防虫、防腐効果は古くから知られていて、世界最古の木造建築物である法隆寺の材料として使用されていることでも有名です。
その精油には、強壮と鎮静作用があり心を落ち着かせてくれる心への効用、血流を良くしむくみや冷え性の改善、下半身のだるさの改善などの体への効用、アレルギー性鼻炎や気管支喘息のもととなるダニを取り除く効果も期待されています。また、その収れん作用から脂性肌を収れんする作用が期待でき、頭皮ケアにはもってこいの精油です。だた、この肌の活性化を促すヒノキチオールは台湾産や青森ヒパのみに含まれています。国産のものには含まれていないので、注意が必要です。

 

 
この精油にはα-ピネン、γ-カジネン、モノテルペンアルコール類ボルネオールなどの成分が含まれています。清々しい森林浴の香りを醸し出しているのがモノテルペン炭化水素類のα-ピネンと言われています。モノテルペン炭化水素類としての優れた殺菌作用、抗炎症作用、鎮痛作用、抗ウイルス作用、うっ滞除去、コーチゾン作用などが期待できます。また、γ-カジネンはセスキテルペン炭化水素類に分類され、抗炎症、抗アレルギー、抗ヒスタミン作用で知られています。

コメントは受け付けていません。