身体面への効能について

 

 

ヒノキは、独特の香りが特徴になっていて、日本では古くから建築物の木材として使われてきました。
空気を清浄する働きがあり、森林浴効果もあるため、精神的に疲れぎみの男性やお体のデリケートな高齢者にも好まれる香りになっています。
ヒノキの精油は、リラクゼーション効果が高く、身体面でも、消炎、抗菌作用などが高いので、お肌の痒みを抑えたり、痔の症状を改善したり、頭痛の痛みを和らげたり、疲労を回復する効果が期待できます。
女性の方から男性の方まで、頭痛の痛みを感じる時は、ヒノキの精油を香りを嗅ぐことで痛みを和らげる効果が期待できます。
台湾のヒノキの根の部分には、日本のヒノキにはほとんど含まれていない成分のヒノキチオールが含まれています。

 

 
最近は、ヒノキチオールが含まれている入浴剤や精油が販売されているので、購入してみると良いでしょう。
妊娠中の女性の方は、体がとてもデリケートになっているので使用を控えたほうが良いでしょう。
男性の方や、中高年以降の女性の方は体の調子を整えるために、ヒノキの精油を使ってみて下さい。
精油の濃度には注意をするようにして、決められた分量をきちんと守るようにして使用すると、体の調子を整える効果が期待できます。

コメントは受け付けていません。